【若い人に急増中】スマホ老眼の症状を徹底解剖

20代の目の老化現象

目元

若くても目が老化してしまう

老眼は中高年から始まる老化現象のイメージがありますが、近頃では20代でも老眼になる人がいます。20代が老眼になるのはスマホが主な原因として考えられており、一般的にはスマホ老眼と呼ばれています。また、スマホ老眼の原因は、水晶体の厚さを変えてピントを合わせている毛様体筋が疲労してしまうためです。スマホを近い距離で見続けると、水晶体と毛様体筋の緊張が続いてしまい、水晶体と筋肉が硬くなります。硬くなった水晶体と毛様体筋は、柔軟にピントを合わせることが出来なくなり、調節機能が落ちていまいます。この結果、ぼやけて見えたりかすんで見えたりするようになるのです。一方で、老化による老眼は、水晶体と毛様体筋の劣化で硬くなり症状が出ます。なので、スマホ老眼とは違うことを理解しておきましょう。スマホを見た後に、近くがぼやけて見える、目の疲れを感じるときは、スマホ老眼の可能性があります。最初は、目の疲れやかすみを感じる程度ですが、症状が進むと肩こりや頭痛などの症状を感じることもあります。そんなスマホ老眼の症状を軽減させるには、見る時間を減らすことが1番の解決策です。なので、必要な時以外はスマホを見ない、暇つぶしに使わないようにしましょう。また、目のストレッチ体操は、水晶体や毛様体筋の緊張を和らげる効果がありますのでスマホを見た後に行うと良いです。さらに、眼精疲やドライアイ予防の目薬も症状改善に効果があります。しかし、症状が重い場合は眼科で診察して貰いましょう。

To Top