【若い人に急増中】スマホ老眼の症状を徹底解剖

休息時間を作る

眼鏡

小中高生でも老眼になる人が増えてきています。これはスマホを使い過ぎているからです。また、姿勢も悪くなりがちなので、使う時には姿勢にも気をつけましょう。対策としては時間を決めて使うようにすることが一番です。

もっと見る

20代の目の老化現象

目元

近い距離でスマホを見続けることと、水晶体と毛様体筋の緊張が続き疲労して硬くなります。すると柔軟にピントを合わせることが出来なくなり、視界がぼやけたりかすんだりする症状がおきます。これがスマホ老眼の原因です。

もっと見る

目の疲労の低年齢化

スマホ

スマホはとても便利なツールですが、使いすぎると若い方でも老眼になるなど健康を害することもあることを知っておきましょう。使用時間などルールを決め、それを守ることでスマホ老眼を予防し、健康を維持しながら快適に使用できるのです。

もっと見る

この症状の特徴とは

目元を触る女性

症状を改善するには

スマホ老眼は現代病の1つで、近年20代や30代の若い世代に増えている傾向にあるのです。スマホを長時間利用することによって、眼に負担がかかり引き起こされているのです。近くが見えにくく疲れやすい、スマホを見ると眼に痛みが起こるのがスマホ老眼の特徴と言えるでしょう。あと、夕方になると物が見えにくくなる、薄暗い場所では見えにくいこともあげられるのです。眼の奥の痛み、肩こりや頭痛の発生、ピントが合いにくいことが初期症状には見られやすいです。症状を放置しておくと、視力の低下に加え、自律神経にも影響が出てくるので、早期の対処が必要です。スマホ老眼を改善するには、生活習慣の見直し、眼を休ませることが肝心となるのです。何より大事なのは、スマホを見る時間を減らし、継続して見続けることを避けることです。眼を休ませる時間を確保するようにし、遠くの物を見たり、眼球運動をすると良いでしょう。画面と眼の距離が近くなることがスマホ老眼を引き起こす要因であるため、最低でも40センチは離すようにするのです。食事面では、ビタミンAやDHA・亜鉛が豊富に含まれているものを摂取したいものです。これらの栄養素は、視神経機能の強化や血行促進・視力回復などの効果が期待できるのです。食事が十分摂ることが難しいときは、スマホ老眼に効果があるサプリメントを摂るのも1つの方法です。風呂にゆっくり浸かることは、血行を促進するだけでなく、リラックス効果もあるのです。

To Top